Sample Image

良い講座、ダメな講座の特徴まとめ

このページからは、社会保険労務士受験を志す方のために、通信教育の良し悪しを見極めるポイントや、合格に効くオススメ教材情報をご紹介してまいります。
最近の時代背景を受け、ますます注目されつつある社会保険労務士資格。
巷に溢れる対策講座の中から本当に良いものを選ぶために、一体どんなことに目を向ければ良いのでしょうか?

 良質な教材のポイントは至ってシンプル。ズバリ、「コンパクトにまとめられているかどうか」、そして「見やすいページ展開かどうか」の2つの点に尽きます。

一般的に、社会保険労務士の受験というとどうしても身構えてしまって、「活字たっぷり」かつ「情報が細かく詰め込まれていそう」な雰囲気の教材を手にとりがちですよね。
そのほうが、勉強した気分に浸れそうな気がして・・・・。
しかしながら、社会保険労務士受験においては「出題されるポイントを正しく理解しているかどうか」が重要。言い換えれば、毎年問われる基礎をしっかりと押さえておけば、あまり細かい知識は覚えておく必要はないのです。
よって、選ぶべきなのは「ごちゃごちゃと情報盛りだくさんの教材」ではなく、「出題ポイントがしっかり厳選されているテキスト」なんですね。「これを覚えれば合格できる!」という目安が明確になる分、後者のタイプの方が断然取り組みやすいのです。

また、要点が分かりやすく書かれているかどうか、説明が丁寧かどうかなど、「ページの構成」にもぜひ注目してみましょう。
ポイントが一目見て分かるよう色分けされていたり、文字だけでは理解しにくい箇所を図表やイラスト入りで解説されていたりすると、社会保険労務士受験対策上とても理想的ですね。
「法律を学ぶ」というと「面白みのない教材なのは、ある程度は仕方ない」と思われがちですが、数ある通信教育の中には、しっかりと頭と目から理解できるよう工夫されているテキストもあります。
社会保険労務士受験の通信教育選びは法律学習特有のイメージだけにとらわれず、教材が分かりやすいかどうか、使いやすいかどうかを中心に検討するのがオススメです。

>>社会保険労務士試験の合格率を4倍に高める方法とは?

真の「合格力」は、教材量に反比例して養われる