Sample Image

効率の良い反復&横断学習を可能にするのが「通信」

さて、これまで私自身の経験から、社会保険労務士受験に効く学習法を色々とご紹介してまいりましたが、受験生の皆さんが気になるのは「具体的に何を使って学習すれば合格できるの?」というポイントだと思います。
合格率わずか一桁の社会保険労務士試験への受験・・・、「これなら合格しやすいよ」というアドバイスがあれば、やはり耳を傾けたくなりますよね!

 社会保険労務士受験における具体的な学習ツールとしてオススメなのが、ずばり「通信教育」。予備校でもなく、はたまた独学でもなく、「通信」です。
通信教育といえば、ひと昔前のイメージでは「予備校よりもクオリティ低いし、かといって独学のように気軽な感じでもないし・・・」とすごく中途半端な感じに見られがちでしたが、最近ではそんな印象は一転。
むしろ予備校と独学のイイトコ取りの理想的な資格学習法として、社会人を中心に注目されているんです。

 社会保険労務士受験対策の通信教育といえば、ネットで少し検索してみれば実にたくさんの講座を見つけることが出来ますね。
いずれもそれぞれに独自の特徴がありますが、総じて「自分の都合に合わせて、専門的な対策ができる」という点に良さがあると言えるでしょう。
例えば、基本カリキュラムで基礎知識をひと通り習得しますが、苦手部分や反復が必要な箇所にはじっくりと時間をかけたり、横断学習に取り組む時期も自由に設定できたりします。「ベースはあくまでカリキュラムで、その他にも必要なことをどんどん学習に取り入れることができる」というのは社会保険労務士受験対策上、かなり魅力です。
予備校の場合、どうしても通学のペースに合わせて学習を進める必要があり、時間をかけたい部分にかけられないこともありますからね。つい苦手をそのままにしがちになります。
社会保険労務士受験においては、こうした不得意分野の蓄積がコワいんです。

 「自分のペースで」「習得度合いにあわせて」となると、独学が一番のような気もしますが、独学で揃えることの出来る教材と通信教育で提供される教材では質が違います。
通信教育の場合、多くは受験を徹底的に研究したプロがテキストを手掛けているわけですから、市販のものよりも受験上のポイントがクリアになっています。
申し込むだけで必要な教材が一式提供されるのも、通信教育の良いところですね。

>>社会保険労務士試験の合格率を4倍に高める方法とは?

真の「合格力」は、教材量に反比例して養われる