Sample Image

類似点・相違点を明確にする「横断学習」がカギ

社会保険労務士試験に向けた受験対策の基本となるのは、「基礎事項の徹底習得」。そのためには何といっても「インプットとアウトプットの反復学習」が不可欠になるわけですが、確実に合格を狙うのであればそれだけでは十分とはいえません。
すでに別のページでご紹介したとおり、国民年金と厚生年金の類似点・相違点に象徴されるように、社会保険労務士試験で課される試験範囲においては色々と混同しやすい落とし穴がたくさん。たとえ特定の科目についてはマスターしているつもりでも、いざいくつかの法律との関係の中で問われた時に「あれ?どっちだっけ?」と慌ててしまうケースも多々あるように思います。
社会保険労務士受験においては、限られた時間の中で複数の法律の知識が試されるわけですから、本試験では混同や覚え間違いなどが致命傷になることも。
だからこそ、受験対策の段階で「他の法律との関連性」「類似ポイントの整理」にも注目しておく必要があるのです。

 社会保険労務士受験生のうち、合格者が実践している学習法といえば「横断学習」です。
具体的なやり方は人それぞれですが、私がトライしたのは「比較的似ていると感じられる科目のテキストを単元ごとに、交互に読んでみる」という方法でした。
この作業によって曖昧だった法律の違いがとてもクリアになり、本試験での得点にも直接的に良い影響を与えてくれたのかな、と思えます。
人によっては表にまとめたり、市販の横断学習本を読んだりする方もいるようですが、頭の中で整理できれば方法は何でも良いでしょう。
もちろん、各科目の基本的な知識をひと通りマスターした段階で行うため、初学者にとっては敷居の高い対策ですが、非常に有効です。
周囲の合格者に話を聞いてみても、やはり横断学習は多くの方が実践したようです。

 社会保険労務士受験ではあらゆる対策が必要になってくるものです。
「基礎の理解」と「インプット&アウトプットの反復」、そして「横断学習」は合格には欠かせないと思いますが、これらを軸に個々に必要な対策をプラスできるのが理想的ですね。

>>社会保険労務士試験の合格率を4倍に高める方法とは?

真の「合格力」は、教材量に反比例して養われる