Sample Image

過去問はなるべく早い段階から着手、リピート出題率高し!

特に初学者の方であれば、「過去問はいつからやれば良いの?」という疑問に一度は頭を悩ませた経験があるのではないでしょうか?
社会保険労務士試験の受験日は着々と迫ってきているものの、「まだ基本的なことも習得できていないのに問題なんて解けない」というジレンマに惑わされ・・・
難関国家資格といわれる社会保険労務士受験に、様々なお悩みはつきものだと思います。

 結論から申しますと、前ページでもお話した通り「ひとつの単元が終わるごとに」、こまめに過去問に着手するのがベストです。
「社会保険労務士受験には過去問演習が必須」と言われますが、その理由はやはり過去問を見てみれば一目瞭然。同じ論点が形を変えて出題されるケースが本当に多いからなんですね。
巷では色々な問題集が売られていますが、社会保険労務士受験においては、まずは過去問に挑戦することの方が断然合格への近道であると言えるわけです。
応用的な予想問題集の類は、過去問を完璧にしてから取り組むのがオススメです。

 さて、社会保険労務士受験に必須の過去問ですが、ただそのまま解いていたのではいけません。それでは徐々に答えを覚えてしまいますし、いくら過去問からの出題率が高いといえども全く同じ設問が登場するケースは考えにくいと思います。
問題に取り組む際には単純に正誤だけではなく、「どの条文を根拠に」「どこが違っているのか」「どういう書き方であれば正しいのか」など、詳しく考えながら取り組むのがポイント。次回の社労士受験の際には、これらの論点が微妙に変えられて出される可能性が高いですから、出題パターンをしっかりと意識しておく必要があるのです。

 社会保険労務士受験に向けて、過去問にもしっかり着手。
最初は解けなくても大丈夫です。まずは、「何が問われているのか」を確認するようにしましょう。

>>社会保険労務士試験の合格率を4倍に高める方法とは?

真の「合格力」は、教材量に反比例して養われる