Sample Image

基本は「インプット&アウトプットの反復」にあり

一見難関に思われる社労士試験ですが、意外にも「社会保険労務士試験の受験は、基礎を押さえることが最も重要」というのがホントのところ。
難しい、細かな知識にこだわるよりも、合格ラインをクリアするためにはいかにベーシックなことを漏らさず押さえておくことが大切になってくるようです。

 それでは、基礎を徹底習得するために、一体どのような対策が必要になってくるのでしょうか?
そのためにはズバリ、「インプットとアウトプットの反復」がカギとなってくるわけです。
「知識を入れる」というと、一般的なイメージとしてはどうしてもテキストの読み込みや暗記カードの活用などの「インプット」が重視されがちではありますが、これだけは習得した知識を定着させることは出来ません。
テキストの重要事項が実際の社会保険労務士受験においてどう問われるのか、これを確認し、事前にしっかりと設問に慣れておくことは不可欠なのです。

 バランスの良いインプットとアウトプットへの具体的な取り組み方は、「なるべくこまめに問題演習に取り掛かること」にあります。
よく、「すべての単元をひと通り理解してからでないと、問題を解く気になれない」という方を見かけますが、社会保険労務士受験においてこういった考えは得策ではありません。
すべてを身につけてから、と思っていては、最初の頃に習ったことはすでに忘却の彼方です。この状態から知識を定着させるとなれば、また情報を入れ直す作業からスタートさせなければならないことになるでしょう。
よって、例えばある科目のすべてを習得する前であっても、「単元ごと」など一区切りつく段階で過去問に取り組む工夫が必要になってくるわけです。
そして、ひとつの科目の学習が終わる頃に再度ひと通り問題に取り組み、その後は別科目の学習が終わるたびに以前学習した科目に戻ってくる、を繰り返せばなお良し。
一度で完璧に覚えこむのではなく、上記の作業をこまめに反復できるのが理想ですね。

 このように、社会保険労務士の受験にはある種「コツ」のようなものがあります。
ポイントを押さえ、正しく学習できれば、社労士合格もそう遠い目標ではありません!

>>社会保険労務士試験の合格率を4倍に高める方法とは?

真の「合格力」は、教材量に反比例して養われる